若い頃から対策をしておこう

自分に合うシャンプーを見つけよう

髪の毛を作る成分を知る

主にタンパク質から、髪の毛は作り出されています。
頭皮にたくさんのタンパク質を与えることで、太く丈夫な髪の毛を育成できます。
そのためには、シャンプーの成分を見てください。
アミノ酸が多く含まれているのか、チェックしましょう。
アミノ酸はタンパク質の仲間なので、髪の毛を増やす手助けをしています。

安く売っているシャンプーを毎回選んでいた人も見られますが、アミノ酸が少ないと髪の毛を育てる効果を期待できないのでヘアケアになりません。
最初に成分表示を見ることを、習慣にしてください。
アミノ酸が先頭に書かれていれば、多く入っていると判断しましょう。
その上で予算内に収まるものや、自分の気に入る香りのするシャンプーを見つけてください。

どんな成分が必要なのか

通常よりも皮脂が多い人は、しっかり洗い流せるシャンプーを使いましょう。
髪の毛を育てるために皮脂は必要ですが、たくさん分泌されていると成長を妨げてしまいます。
シャンプーして、皮脂の量を適量に戻してください。
中には皮脂が通常よりも、少なく分泌される人もいます。
皮脂が少ないと頭皮が乾燥して、フケが発生しやすくなります。

毛穴にフケが詰まって、髪の毛を育てられなくなるので保湿効果を持っているシャンプーを使いましょう。
頭皮に潤いを与えれば、乾燥しないので、フケが大量発生することもありません。
頭皮を触ってベタベタしているようだったら、皮脂が多く分泌されています。
逆にカサカサしていたら、乾燥肌だと理解しましょう。